コンジローマと成人の反応性うつ病について

反応性うつ病は成人に多い病気で多くの場合は生活環境の変化によるストレスによって引き起こされるので、抗うつ剤を投与することで完治することができます。反応性うつ病は一時的な症状なので心の風邪などとも呼ばれていますが、原因としては職場環境や家庭環境などがあるので、原因を特定して治療を行うことで反応性うつ病は短期間で完治することができます。成人の多く割合で同様の症状がでるので一定期間が経過することで自然に治癒することがあります。子どもの時代には環境の変化に適応する能力が強いのですが、成人になると急激な環境の変化に心の整理がつかない場合が多く、男女を問わずに反応性うつ病になる割合が高くなります。コンジローマはウイルス性の感染症なので完治することが難しいのですが、自然に治癒してしまう場合があるので、治療しない場合が多く、それによって二次感染を引き起こすことがあるので、性器にイボ状の腫瘍ができた場合には性病科や皮膚科を受診して適切な治療を受けなければなりません。コンジローマは腫瘍を外科手術によって切除しても2割程度の患者が再発を繰り返すので、一度感染をすると完治することがありません。またコンジローマウイルスには様々なタイプがあり、中には自然治癒をするものがありますが、悪性化するタイプのものがあるので、検査をしてどのタイプのコンジローマウイルスに感染しているかを確認する必要があります。コンジローマによる腫瘍が悪性化した場合は放射線による治療や抗がん剤の投与によって治療をしますが、子宮頸がんに関してはワクチン接種が行われているので、高校2年生までの女性は任意で接種することができますが、副作用などの問題があるとされています。