フォアダイスとコンジローマの違い

コンジローマとは尖圭コンジローマという性感染症のことで性交により感染する病気です。
ヒトパピローマウィルスの一種であるH6,H11ウィルスにより様々な色や形の米粒大から小豆大の大きさのイボが男女問わず、性器付近に発生するものです。
普通の人いぼウィルスで出来るいぼも再発しやすいものですが、この性感染症も治りにくく、根気強い治療が必要になります。
手術や、液体窒素での凍結治療のほか、坑ウィルス薬を使った治療など色々な方法がありますが、肉眼で見えないくらい小さいものを見落としたり、数が多すぎて長い時間がかかったりと根治するのに長い時間がかかる場合も有ります。
大体がなんの症状もないので表面にいぼが出来ていなければ気づかないこともあり、知らずにヒトに移してしまうこともある厄介な病気だといえます。
女性の場合膣の中にまで出来ていてがん検診などで産婦人科を訪れて偶然見つかる場合なども有ります。
しかも潜伏期が2,3週間からひと月ほどなので、自分が性感染症になっているということに気がつかない場合もあるのです。
コンジローマは発病すると米粒大のイボがどんどん増えて、短時間で性器周辺の広範囲に広がり、固まって発生し、ひどい時にはカリフラワーのような結節が見られる場合も有ります。
心当たりのある方は早めの受診をお勧めします。
男性性器のみに発生することのあるフォアダイスというものはコンジローマの腫瘤と良く似ていますが、性感染症ではなく体質の一つとされています。
亀頭や陰茎、陰嚢の裏等に多数のイボが発生しますがパートナーに移す心配はありません。
性感染症でもなく病気でもないので気にする必要はないのですが、気になっている方は泌尿器科を受診して相談されてはいかがでしょう。